シミで悩まないために知っておきたいこと|惜しみない努力で美肌実現

白いお肌になる

高齢の女性の顔

お肌にできてしまったシミをコンプレックスに思っている女性は数多くいます。透明感を損ねくすんだ印象を与えてしまいます。薄く小さなシミであれば、ファンデーションなどで隠すことが出来ますが、大きく濃くなってしまうとファンデーションで隠すのも限界があります。外に出たり人に会うのが億劫になってしまい、塞ぎこんでしまう女性もいます。シミのコンプレックスで人生が楽しくなくなってしまってはもったいないので、予防・改善の対策を行ないましょう。薬を服用するという方法もあります。
シミにも様々な種類があり、その中でも最も代表的なのが肝斑と呼ばれるシミです。肝斑の原因となるのが紫外線です。お肌が日光を浴びで紫外線のダメージを受けると、日焼けを引き起こします。日焼けによってお肌の色が黒くなりますが。それはメラニンという色素によるものです。メラニンは紫外線によるお肌のダメージを防ぐという役割を担っています。
メラニンが増えると、お肌にメラニン色素が沈着し始めシミとなってしまうのです。

紫外線によるメラニン色素沈着を防ぐために、日焼け止めをこまめに塗るようにしましょう。日焼け止めを塗ることによって紫外線からお肌を守りメラニン色素の沈着を防ぐことが出来ます。夏場の日差しが強い時などに塗るのは当然ですが、冬の時期や曇の時も油断せずに日焼け止めを塗るようにしましょう。曇の日でも紫外線は変わらず降り注いでいます。また、自宅内にいるときにも油断は禁物です。窓から降り注いだ紫外線が反射してお肌にダメージを与えます。お肌に日焼け止めを塗ることを習慣化しましょう。敏感肌の人は低刺激の日焼け止めを塗るとよいでしょう。
日焼け止めを塗ることでシミを予防することが出来ますが、すでに出来てしまったシミに対しては薬が効果的です。自分に合う薬を服用してシミを改善しましょう。